子どもの言葉でまとめをつくろう  2年生算数「かけ算」

 

 今日は2年生の算数を参観しました。
単元名 新しい計算を考えよう「かけ算」。 本時の目標は、「5の段の九九の構成の仕方を理解する」です。
問題は「おかしが1はこに 5こずつ入っています。はこは、何はこか あります。おかしの数を しらべましょう」です。 「大事な数字は?」「1はこです」「5つずつです」「聞かれていることは?」「おかしの数です」「気付いたことはありますか?」「いままでは、はこの数が書かれていました」。
「問題文の読み方」「今までの学習と比べて考える」など、算数の学び方の積み重ねができています。
めあて「1はこに5こずつ入っている おかしの数をしらべよう」を提示してから、今まで学習してきたことを振り返りました。子どもたちはすぐに「ひとつ分の数×いくつ分=ぜんぶの数」を発表していました。1箱分から4箱分までのお菓子の数について、立式して考えを出します。
ノートに気づいたことを書いてから、ペアで交流しました。「5こずつふえています」「時計の単位と一緒です」など、累加について、多くの子が気づいていました。
つぎに、6箱から9箱のまでのお菓子の数を求めました。5×6から5×9までの式と答えを確認してから、子どもたちに気づいたことを聞くと「5のだんは5ずつふえていきます」と答えていました。
最後のまとめ「1はこに5こずつ入っているおかしは、1はこふえると、5こずつふえる」は、教師から提示されました。
「答えは5ずつふえている」「前の答えに5をたすと、つぎの答えになる」など、子どもは多様に表現するので、できるだけ子どもから出た言葉をつかってまとめをつくるようにするといいです。「今日のまとめは○○さんの○○という言葉が光っているね」のようにほめてあげると、子どもたちの意欲が高まります。次の時間にも「前の時間に○○さんがまとめてくれた○○という言葉が分かりやすかったね」などのように何度も取り上げると、自分たちで創った授業という意識が高まります。

授業では、学習内容に関するめあてと、学び方のめあてをつくっておくといいです。まず、内容のめあてでは、例えば次のように子どもたちへ話します。「今日は計算の学習をします。計算の仕方を考え、答えを出します。でも、大事なのはそれだけではありません。その計算の仕方から『決まり』を発見することが今日の学習の大事なところです。計算だけでなく、発見もできるようにがんばりましょう」このように伝えておいて、授業最後の振り返りでは、決まりを発見できたかどうか自己評価させて、達成感を持たせるとともに、できなかった子には課題として継続して努力させます。
学び方のめあては、例えば「ペアの相手に自分の考え(気づき)を伝えることができる」と設定します。これも授業のはじめに子どもに伝えておいて、最後の振り返りで自己評価させます。ノートに記録させるのがいいのですが、時間がなければ挙手させるだけでも効果はあります。毎時間できるだけ具体的な目標を持たせて、それについて時間をとって振り返ることを継続すれば、子どもの学びは向上的変容を続けます。

f:id:shinichi-matsufuji:20191017220511j:plain

北京 2018年10月

 

ペア交流による授業改善   4年算数「がい数の表し方」

今日は4年生の算数の授業を参観しました。学級には落ち着きと適度な緊張感があり、ときどき笑いも入れながら、とてもよい雰囲気で授業が行われていました。

今日の授業は4年算数「がい数の表し方」。問題は「札幌市から旭川市までの道のりを四捨五入して、十の位までのがい数にすると約130kmです。札幌市から旭川市までの実際の道のりは何kmから何kmの間にあるでしょうか」。
めあては、「四捨五入する前の、もとの数の求め方を考えよう」です。
「見通し」では、どのように考えたらいいのか、その手がかりを全員で確かめます。百の位は1しか入らない、十の位は2か3、一の位は0~9が考えられる。ポイントは「十の位までのがい数にする」を共通理解しました。
まず、5分間で自力解決です。苦手な子は挙手するとヒントカードがもらえます。半数の子は自力でノートに自分の考えを言葉で表していました。残り半数の子はヒントカードに記入しながら考えています。書いてみると、四捨五入で130kmになる中で一番長いのは134km、一番短いのは125kmと分かります。全体交流では、ヒントカードを拡大したものを提示しながらみんなで答えを確かめました。

問題の答えが出たところで、更に「134.1kmはどうなるのだろう」について考えます。まず、自分の立場をはっきりさせます。「130kmと思う人」、「140kmの人」、「分からない人」、と挙手させて、自分の立場を決めさせていました。その後、近くの人と交流です。約半数の子が自分の考えを相手に伝えていました。
交流が終わったあとに再度、挙手させて、自分の考えを決めさせるとともに、考えが変わった子を確かめました。
その後、問題を読み返して、十の位の四捨五入なので、0.1の位は影響しないことを全体で確かめます。
そして、準備していた数直線を提示して、数直線上でも今日の問題の答えの範囲を確かめました。

説明はとても分かりやすいのですが、教師が話すところが多いです。子どもが話す時間を意識して増やすようにしましょう。特にペア交流ができるように、子どもを鍛えましょう。4年生であれば、自己評価や相互評価もできると思います。ペア交流の大切さを何度も説明しながら、交流する度に、自己評価、相互評価を続けます。
ペア交流の意義を伝え、モデルや評価規準を提示し、「もう少しで上手になる子」に直接指導し、みんなの前で、よさや伸びを紹介してみんなに広げます。「もともと上手な子」には更に高い目標を立てさせ、「苦手な子」には、まずは「よい聞き手」になって「内容を理解すること」を優先させます。
教師の説明を聞いて理解するだけでなく、自分で説明する機会を得ることで子どもの理解は深まり、記憶にも定着します。子どもの思考力、表現力を高め、主体的で深い学びが成立する授業を目指しましょう。

f:id:shinichi-matsufuji:20191016212532j:plain

ハノイ 2018年3月

 

「買い物ができた」という成功体験  特別支援学級「おかいものをしよう」

特別支援学校の授業を参観しました。
この授業は、買いたいお菓子を自分で選んで、お菓子の数や値段を文章にあてはめた問題を読み取り、式を立てて計算するという活動でした。買い物1回ごとにワークシートに色を塗り、何回買い物ができたか、前回と比較して伸びを実感していました。

めあて「おかしの かずや お金のけいさんをして おかいものをしよう」の指示の後、この学習の流れについて確認がありました。①きょうのおかし ②ルールかくにん ③おかいものをしよう ④ふりかえり 学習に困難を感じている子には、この「見通し」が大切です。1項目ごとに☆印をつけていくのも見て分かりやすい工夫でした。
「①きょうのおかし」は実物なので、子どももうれしくて仕方ない様子でした。しかも前回より種類も増えています。「どれを買いたいですか」と聞かれて「悩む・・・」と答えていました。
「②ルールかくにん」は、一人ひとりがどんな買い方をして、何を計算するのか、その子に応じて個別に課題が設定してありました。「お菓子を一個買って、そのおつりを計算する問題」「お菓子を買って、何個か食べて残りを求める問題」「2つのお菓子の合計金額を求める問題」など、自分にとって「少しの難しさ」が適切な負荷となっていました。

その後、その他のルール、「人が買っているお菓子をとらない」「お店の中を走らない」「お金を大切にあつかう」をみんなで確認しました。ルール確認が終わってから、お買い物のスタートです。タイマーが20分セットされます。「今から20分後は何時何分ですか?」「2時35分です」と、時計の読み方も復習していました。

買い物が始まると、「昨日を超えそうだね」「定規を使ってえらい!」など意欲を高める声かけがありました。お菓子に名前を書く練習、お店の人とのやり取り、並ぶ順序を守ることなど、買い物の仕方だけでなく、多様な活動と気づきのある学習になっていました。プリントにミスがあっても、教師はすぐに答えを教えないで、自分で見直させて気づかせるところもいいと思います。

最後の振り返りでは、全員に「自分が今日つくった問題」を読み上げさせました。前日の買い物の回数を超えた子をほめて、超えることができなかった子には励ましの言葉をかけました。
「次の時間は、今日よりも買えるお菓子の数が増えます」と期待を持たせて授業を終了しました。入念な準備をした上で、その日の子どもの様子に合わせた適切な指導が行われていました。

f:id:shinichi-matsufuji:20191014150256j:plain

ニューヨーク 2017年

 

物語の冒頭  4年国語「ごんぎつね」

今日は「ごんぎつね」の冒頭を読む授業を参観しました。
ワークシートの中心に「○○○○ごん」という形で「ごん」はどんなきつねなのか、一言でタイトルを考えさせました。それをマップ形式で、その理由、根拠などに広げる方法です。
「いたずらごん」「さびしがりやのごん」「いじわるだけどやさしいごん」「さびしがりやのごん」「ぼっちのごん」などを中心の枠に書き込んでいました。
そして、「その理由は?」と問いかけると、「いたずらするのはさびしいからです」「遊んでほしいと思っています」などと答えていました。
その後、その根拠、根拠となる叙述などを考えます。直観で読み取ったことについて、根拠をたどってつくり上げる「確かな読み」になっていました。
一方、気になったことがあります。冒頭は、その物語の基礎となる重要な情報の記述がある部分です。人物、時、場所などを読者に提示して、これから始まる物語の基礎が語られます。その冒頭の役割を子どもたちにきちんと伝えましょう。そして、「冒頭で述べられている物語の基礎」の理解が不十分なまま次の学習に進むことがないようにしましょう。

f:id:shinichi-matsufuji:20191011220041j:plain

ホノルル 2018年8月

 

題名を読む   3年生国語「ちいちゃんのかげおくり」

今日は3年生の国語を参観しました。
「ちいちゃんのかげおくり」の題名を読む学習です。「題名から分かること、分からないことを書いてください」と教師が指示してワークシートに書かせてから、子どもたちが発表しました。
「ちいちゃんは何人家族だろう、と思いました」

「ちいちゃんはずっとかげおくりをして遊んでいることが分かります」

「質問です。『ずっと』と言っていたけど、『ずっと』していたかどうかは分からないと思います」

「ちいちゃんはかげおくりをしたと思います」

「ちいちゃんはかげおくりが好きだと思います」

この後、かげおくりについて教えているお父さんの言葉を読ませて、かげおくりが何なのかを読み取りました。
今日はよい発言もたくさんありましたが、「何でもいいから書いてごらん」では、広がり過ぎて読み取りとは関係のない方向に進むこともあるので気を付けましょう。題名の働きを読み取りの「技」として学ばせておけば、この次の学習のときには、その技を使って読み取りができるようになります。
題名は「磨かれた要約文」と言えます。ほとんどの場合(例外はあります)、題名は中心となる登場人物であったり、物語の主題を表していたりします。
教師から、次のように説明できます。「『スーホの白い馬』ではスーホが主人公だったね。そして、白馬はスーホにとってとても大切な馬だったね。国語の学習で題名について考えるときは、今までに学習した同じような題名から考えると、どんな物語か予想することができますよ」
このような学習を積み重ねていけば、国語の学習が系統的になり、「読み取る力がついてきた」と、子どもたちに自覚させることもできます。

f:id:shinichi-matsufuji:20191010214339j:plain

北京 2018年10月

 

ユニバーサルデザインの授業 2年生算数「かけ算」

今日は2年生の算数「かけ算」を参観しました。
全25時間の6時間目、かけ算の概念を理解するところです。

本時のめあては「6×4のこたえのもとめ方を考えよう」。「6×4のこたえは、6+6+6+6の計算でもとめることができる」を理解することが目標です。初めの見通しを立てるところで、「どんな風に考えたらいい?」「どんなものを使ったらいい?」と問いかけていました。子どもたちは「おはじきです」「まとまりだと思います」「指でします」「1年生の頃のブロックです」「図を使います」など、今まで使った方法、道具などを発表していました。このように見通しを立てさせるによって、主体的に学習を進めることができるようになります。

自力解決の後の全体交流のところでは、よい意見がたくさん出ていました。「おはじきを並べました。6こずつ4列並べました」「6の段だけでなく、他の段でもかけ算はたし算でできます」「どういうこと?」「例えば、3×2だったら、3のまとまりが2だから、3+3=6になります。かけ算はたし算でできます」「わたしは言い方が違います。かけ算は同じ数が何こ分だから、たし算でもできます」。教師が説明してしまわないで、問い返しながら何度も発表させていました。この繰り返しによって、話す力が鍛えられるとともに、聞いている子は理解が深まるでしょう。

今日の授業では「答え、もうわかった」というつぶやきが聞こえてきました。一部の子にとっては、「もう答えは分かっている」「どうして求め方を考えなければいけないの?」と感じさせるところがありました。「このめあてに取り組んでみたい!」と強く感じさせるにはどうしたらいいでしょう?ユニバーサルデザインの要素を授業に入れると、子どもたちの問題解決への意欲を高めることができます。一部を隠したり、間違いを入れて探させたり、選択させたりして、問題を焦点化し、自分の立場を決めさせ、「見える化」します。クラスで一番算数が苦手な子も参加できて、同時に進んでいる子たちの意欲も高めることができます。この仕掛けは1時間の授業の中心に位置づけることが難しければ、クイズのようにして、はじめ又は途中で提示することもできます。おどろき、意外性、発見のある授業の工夫を取り入れて、子どもの学習への意欲を高めましょう。

3人交流の時間がありましたが、自分がどれくらいできたのか、何が足りなかったのか分からないままになっていました。まず、めあてをつくるときに「○○ができるようになる」を強く意識させるようにしましょう。「6×4の答えの求め方を説明できるようになる」です。算数が得意な子は、より分かりやすい説明ができるようになること、苦手な子はまず相手の説明を理解できるようになることが目標です。2年生でもある程度の相互評価はできます。説明を聞いて「分かった」「よく分かった」「分からないところがあった」と話し手に評価を返すようにします。学習のまとめの時間を必ずとるようにして、そこで自分の説明について振り返り、伸びや課題を自覚させます。学ぶ内容だけでなく、学び方についても振り返ることで、より主体的に学習を進めることができるようになります。

f:id:shinichi-matsufuji:20191009214538j:plain

ホノルル 2018年8月

 

Who are you? 映画「アド・アストラ」

福津イオンの東宝シネマで妻と映画。
朝イチの時間だったからなのか、客が少なく寂しい。

ロイの父は伝説の宇宙飛行士、自分も父のようになりたいと思い、まっすぐに走ってきた。
何が起きても常に冷静で頭脳明晰、動じることがない。
それが優れた宇宙飛行士に求められていることだから。
しかし、その過程で多くのものを失ってきた。愛する人も。
やがて、彼は自分の父を探す旅に出ることになるのだが・・・。

自分に能力があって、仕事やライフワークに没頭していると、他の大切なものが見えなくなる。
他者からの評価も高く、成果を上げていればなおさらだろう。その走り続ける心は理解できる。
一方、一点を見つめて他のことが一切目に入らなくなっている人間は見ていて切ない。
帰り道が分からなくなった男の流す涙が美しすぎる。

I know there’s a place you walked
Where love falls from the trees
My heart is like a broken cup
I only feel right on my knees        Who Are You―The Who

その通りだ、他の場所もあることは分かっている
愛が木から降ってくる場所
俺の心はまるで壊れたカップ
ただひざまずいていることしかできない

f:id:shinichi-matsufuji:20191005222920j:plain

ニューヨーク 2017年