憲法記念日と「その女、ジルバ」  

 こんにちは。どこへも行けない大型連休がも半分終わろうとしています。ブルームバーグという米国の大手総合情報サービス会社が、ワクチンが人口の75%に行き渡り、ある程度の集団免疫に達するまでの期間についての試算を発表(4月28日)しました。アメリカはあと3カ月、ドイツ6カ月、韓国21カ月、オーストラリアは2.2年。日本はなんと3.8年!どうしてこんなことになってしまったのでしょう…。

 

先週の金曜日、3年生の教室で憲法記念日の学習を見ました。

国民主権、平和主義、基本的人権の尊重、教師はこの3原則を子どもたちにわかるようにやさしい言葉に置き換えて説明していました。

説明を聞きながら思い出したのが「その女、ジルバ」のことでした。

「その女、ジルバ」(有間しのぶ)は、手塚治虫文化賞マンガ大賞受賞の笑って泣ける傑作マンガです。

この作品は、人生に希望をなくしかけた40歳の女性主人公が、平均年齢70歳という高齢ホステスたちのバーで働き始めてから、少しずつ生きる喜びを取り戻すというお話です。

バーの先輩たちの話を聞くうちに主人公は戦中戦後の日本について、ブラジル移民の実態について、知ることになります。

私はブラジル移民について少しは聞いたことはありますが、その実態を知って驚きました。

日本政府と移民会社は「南米は楽園」と宣伝して多くの日本人をブラジルに送り出しました。

しかし、そこに待っていたのはあまりにも厳しい現実です。

作家の高橋源一郎さんは、この物語について次のように語っていました。

「日本は彼らのことをすっかり忘れているけれど、出ていった彼らの方は日本を忘れなかった、これがこの物語の一番大きいテーマになっています」

日本政府に見捨てられても日本を愛そうとする移民たちの姿に心を打たれます。

希望に燃えてブラジルへ渡ったのは、沖縄、広島、福島の人が多かったというのも悲しい事実です。

3年生の教室では「基本的人権の尊重というのは、一人ひとりを大切にすることです」と担任が熱心に解説していました。

この子どもたちが、弱い立場の人たちの声を聞くことができる人になってほしい、と心の中でつぶやきました。

「知らなかった、ぼくらの戦争」アーサー・ビナード編著

「知らなかった、ぼくらの戦争」アーサー・ビナード編著

 

著者はアメリカから日本へ初めて来た1990年に「戦後45年」という言葉をたくさん聞いて、奇妙に感じます。

考えてみれば、アメリカは日本との戦争のすぐ後に朝鮮戦争があり、その後のベトナム戦争湾岸戦争など、いつも戦争が続いています。

それに比べて日本は75年もの間、直接戦争に関係することはありませんでした。

この本はアメリカ人である著者が、戦争のことをもっと知りたいと思い、多くの日本人にインタビューした記録です。

空襲や原爆などの体験、アメリカの日系人、兵士、引揚者など、様々な立場の証言から戦争の実像が浮かび上がってきます。

例えば真珠湾攻撃についてアメリカの人たちは定説を刷り込まれています。

その定説は「大日本帝国は予告もなく一方的にアメリカのハワイ州真珠湾に卑怯な奇襲攻撃を加え、多くの貴い命が奪われ、太平洋戦争の正義の戦いはそこから始まって、すべて当然のお返しだった」というものです。

しかし、自分で調べていくうちにそれがつくられた話だということが分かってきます。

実際は、「アメリカはハワイに向かう日本艦隊の動きを捉えていた。しかし、『対日対独戦線布告』の口実に使えると思い、日本に攻撃させた。その後、このシナリオの効果でアメリカの世論は戦争賛成に変わった」

この事実は、真珠湾攻撃に参加した元ゼロ戦パイロットの原田要さんの証言とも一致します。

真珠湾には空母が一隻もなかった。これは日本の攻撃を知っていたに違いない」と直感したそうです。

 

真珠湾攻撃を詳細に見つめれば、偶然とは思えない「偶然」が多すぎて、米政府にとって好都合なディテールばかり重なっている。ただ、現場で死亡したアメリカ軍の2345名を思うと、歴史の実態は残酷すぎる。彼らにとっては日本軍の攻撃はサプライズだったに違いない。(本書P21「サプライズ」の意味 より)

 

戦争について書かれたものを読むことは苦しさが伴います。

人間とは何と残忍で愚かなのだろう、とやりきれなさを感じます。

しかし、歴史をまっすぐに見つめることをやめてしまえば、私たちの「戦後」はもう終わってしまうでしょう。

f:id:shinichi-matsufuji:20210425182652j:plain

 

「コロナ失策からの発見 崩れる民主主義の常識」成田悠輔

先日ラジオで「野ばら」(小川未明)の朗読を聞きました。
以前は国語教科書に掲載されていたので、覚えている方も多いと思います。
久しぶりに聞いて、深い余韻が残る優れた作品だと感じました。
その番組の中で、文字だけの読み聞かせのコツが紹介されていました。
それは、「要所で間を取って聞き手と目を合わせること」です。
今度試してみようと思いました。

さて、今回は「新聞記事から」です。

「コロナ失策からの発見 崩れる民主主義の常識」成田悠輔

4月14日の朝日新聞夕刊に「コロナ失策からの発見 崩れる民主主義の常識」という論考が掲載されました。

筆者は成田悠輔さん。半熟仮想株式会社代表、イエール大学准教授。専門はデータと数学を用いた政策やビジネスのデザイン。

筆者がデータを分析して発見したことは、「民主主義の国ほどコロナで人が亡くなり、経済の失速も大きい」ということです。

何となく感じていたことですが、データではっきり提示されると驚きます。

世界で最もコロナの死者が多かった米国と被害を少なく抑えて早期回復に転じた中国がその典型ですが、これは世界的現象です。

なぜこんなことが起きたのか。

政治家にとって何よりも重要なのは選挙に勝つことです。

しかし、コロナに対して強く明確な対策をとれば、人々の支持を得ることはできません。

自分の選挙に不利になることを進んでする政治家はいるでしょうか。

結果として対策は弱く曖昧なものとなって、感染を拡大させてしまうのです。

今の日本はまさにそういう状況に見えます。

現代は情報が多く、伝達が速いことも対策を混乱させています。

情報が多すぎて、どれが正しいのか分からない。

状況の変化の速さに私たちは対応できていません。

問題ははっきりしてきましたが、解決は困難です。

めざすべきは専制国家でもなく、超管理社会でもないでしょう。

私たちはあせらずに時間と労力をかけて民主主義に代わる政治システムをつくっていかなくてはならないようです。

 

 

 

映画「エデンの東」

昨日、コンビニで福岡市の教員募集のポスターを見つけました。
コンビニと教員募集の組み合わせ…。
今はこれが普通なのでしょうか?
世の中変わってきたな、と感じました。
教員不足も深刻のようです。
さて今日は古い映画の紹介です。

 

映画「エデンの東

テレビで映画「エデンの東」を見ました。
1955年(昭和30年)のアメリカ映画です。
24歳の若さで亡くなったジェームス・ディーンの初主演作。
有名な作品なので題名は知っていましたが初めて見ました。
舞台は1917年のアメリ合衆国カリフォルニア州サリナス。
真面目で強い信仰をもつ父と兄、二人とは対照的な弟(キャル)。
キャルは父から認められたいと思っているけどすれ違い、溝は深まるばかり。
古典は普遍です。
私は自分と娘との関係と重ねて考えてしまいました。
父は正論を主張し、娘は反発する。
親子の問題は大昔から続いているのですね。

映画の原作はジョン・スタインベックの同名小説。
エデンの東」は旧約聖書にあります。
楽園(エデンの園)から追放されたアダムとイブには二人の息子、カインとアベルがいました。
カインは恨みから弟アベルを殺害し、そのことを知った神はカインをノド(エデンの東)へ追いやります。
この映画は楽園を追われた「人間」たちのその後の物語です。
親子、兄弟、夫婦の確執が描かれています。
「人間の住む世界」は「エデンの東」です。
妬み、恨み、怒りなど、人はネガティブな感情を抑えることができません。
絶対的な正しさは存在するのでしょうか。
相手が喜ぶと思ってしたことが反対に怒らせることもあります。
人間関係の難しさ。
この映画の公開当時のポスターに次のような言葉を見つけました。
Sometimes you can’t tell who’s good and who’s bad!
(ときどき、誰が正しいのか誰が間違っているのか分からなくなる!)
反抗的だが冷静さもある青年キャル。
シニックだけど傷つきやすいキャルの表情が切なすぎる……。

「子どもの自己肯定感を高める 10の魔法のことば」石田勝紀著

先日、ラジオの文化講演会でこの著者の話を聞きました。
つい引き込まれて聞いているうちに1時間が過ぎていました。
まず、日本の子どもたちは「偏差値」を自分の価値と思い込んでいるという話題。
「そんなことはない」と否定できますか。
少なくない大人が、自分では意識せずにそういう価値観をもっているのではないでしょうか。
テストの点数でその子の人間の価値か決まるはずはないにもかかわらず。
私たち教師も点数で子どもを判断してはいけないと分かっているはずなのに。
子どもたちは毎日のようにテストで点数をつけられます。
学年が上がるにつれてその差は大きくなっていきます。
日本の子どもたちの自己肯定感が他の国に比べて低いことが話題になりますが、多くの大人がそのような価値観を意識せずに子どもへ伝えて子どもの自己肯定感を下げているのかもしれません。

「早くしなさい」「ちゃんとしなさい」「勉強しなさい」
著者はこの3つを「呪いの言葉」として、使ってはいけないと主張しています。
これらは子どもの自己肯定感を破壊し、「人から言われないとやらない」自己肯定感を失わせる言葉です。
これらの言葉を言われる数だけ、「自分はできていない」「自分はダメな人間」だというネガティブな感情が蓄積されていきます。
自分が言われたらどのように感じるのか考えてみましょう。
「仕事しなさい」「早く仕事しなさい」「ちゃんと仕事しなさい」
こんな言葉を言われ続けたらどうなるかわかりますね。
「料理しなさい」「ちゃんと料理してね」「早くつくってよ」
これでは「やる気」は消えていきます。
「今日のごはん、おいしかったよ」「毎日、掃除してくれてありがとうね」「いつもふかふかのバスタオルでうれしい」
こんなねぎらいや感謝の言葉をかけられると、「明日もがんばろう」と思います。
子どもは勉強が大切なことは知っています。
分かり切ったことを言っても効果がないだけでなくマイナスです。
子どもに勉強してほしいのであれば、「勉強しなさい」という言葉ではなく、「すごいね」「さすがだね」「いいね」など承認の言葉、そして感謝、感心、安心などが伝わる言葉を使うことです。
自己肯定感が高まれば、子どもは言われなくても勉強するようになります。
この本は、子をもつ母親を主な対象として書かれていますが、教師にとっても参考になります。

「褒めて育てよ」という教育理念があるように、褒めることは決して悪いことではありません。
しかし、私はいつも「褒めるのではなく、徹底的に認めてください」と申し上げています。認めるという行為は、褒めるとほぼ同義のようですが、「お子さんを褒めてください」と言うと、たいてい大げさだったり、わざとらしかったりするものです。
そんな不自然な褒めの姿勢に、子どもたちは「うそ臭い演技」を嗅ぎつけます。親が繰り出すうそを見抜いて、反発したり、不安になったり、がっかりしたりという反作用を起こして「うざい」とはねつけてしまいます。
では「わざとらしく」ならないようにするにはどうしたらいいのでしょう?
そのコツのひとつが、軽くしゃべることです。
明るく、さりげなく、認めることです。
「認めること」は、大げさに意識しなくても、だれでも、いつでも表現できるポジティブな行為であり、無理がないため、子どもに真意が伝わりやすいのです。
また、「褒めること」に比べると、相手への刺激が小さく、飽きられるということも少ないので、子どものやる気や自己肯定感を高めるには最適な言葉でもあります。
ぜひ「すごいね」「さすがだね」「いいね」と簡潔に表現してください。(本書「使い方のコツ1 魔法のことばは『軽く、明るく、さりげなく』使う」より)

 

f:id:shinichi-matsufuji:20210404162335j:plain

 

「教師の仕事術 10の原理・100の原則」堀 裕嗣著

「教師の仕事術 10の原理・100の原則」堀 裕嗣著 明治図書出版

4月からの仕事が決まりました。引き続き1年次教員の指導を続けることになります。6名の教師、週1回の指導を行いますが、毎回確実にその力量を向上させることができるように準備を進めています。この指導では単に技術だけを教えるのではなく、その基盤にあるものを伝えることができるようにしたいと思っています。一番の目的は、彼らに幸せで充実した教員人生を送ってもらうことです。そのためのヒントとなる本を探していたら…、ありました!

自分の日常を発信型にすること これが毎日の仕事を充実させるための最良の方法です。自分の生活を発信型にすると必然的に受信も充実していきます。
 例えば、毎日学級通信で子どもたちのエピソードを二つずつ紹介すると決めたとしましょう。すると、何か通信のネタになるものはないかという目で学級の子どもたちを見るようになります。最初は「これは!」という大きなエピソードばかりに目が向きがちですが、慣れてくると子どもの何気ないやりとりに実は大きな価値があることに気づかされたり、一度も通信にエピソードを書くことができないでいた子を集中してみているうちにその子の意外な面を発見したり……、そんな副産物が生まれ始めます。こうなるとしめたものです。子どもを見る目が急激に養われていきます。(本書「日々発信の原理」より)

学級通信に子どものエピソードを継続して取り上げること。昨年度も1年次教員に強く勧めたことですが、毎日の学校生活や授業中で子どもたちが見せるよい気づきや考えをメモして紹介することを継続すれば、子どもたち全体によさ広げることができます。子どもたちと教師、子ども同士の信頼関係も自然に構築されます。書くことを中心にした仕事スタイルを身につけてほしいと思っています。

どんな事象・現象にもその裏にある「個別事情」、即ち「背景」があります。漢字を苦手とする子には漢字が苦手となるその子なりの背景が、多動傾向の子には多動となるそのなりの背景があります。決して漢字を苦手とする子の漢字が苦手な理由は一律ではない、個別のものなのです。「HOW」という問いは、教師の視点を一般的な「技術」に向けさせます。これに対し「WHY」という問いは、その子や集団の個別的な事情や背景に目を向けさせます。「WHY」だけが潜在的な個別事情を顕在化させようとするベクトルをもつ問いなのです。(本書「『WHY』だけが潜在を顕在化させる問いである」より)

よい学級をつくるために、授業を改善するために取り組む課題はたくさんあります。そのときに私たちの対応は、「どうしよう」つまり「HOW」が中心となりがちです。その原因や背景を十分に考えないまま取り組みを優先させてしまって、良い結果が得られないばかりか、間違った対応をしてしまうことさえあります。この「HOW」から「WHY」への転換は重要な指摘だと思います。
この本は、これから教師生活をスタートさせる1年次教員にとって有益であるだけでなく、すべての働く人にとって役立つヒントが満載の本だと思いました。

 

f:id:shinichi-matsufuji:20210329171701j:plain

 

「生きる力 森田正馬15の提言」帚木蓬生

昨日、今年度の「子ども英語教室」が終了しました。子どもたちから手作りの花やお手紙をもらってうれしかったです。さて今日は、大好きな帚木蓬生さんの本の紹介です。

 

「生きる力 森田正馬15の提言」帚木蓬生 朝日新聞出版

この人のライフスタイルを真似したい、と思ったことはありますか?
私は20代の頃に、灰谷健次郎のエッセイをよく読んでいました。
晩年の灰谷さんは沖縄の渡嘉敷島に住み、執筆の合間に海で泳ぐという暮らしでした。理想的ですよね。
村上春樹のライフスタイルにもあこがれました。
朝早く起きて午前中は小説の執筆(とにかく毎日書き続けるという習慣)、午後は翻訳作業(この作業は自分の趣味のようなもので仕事とは感じていないそうです)、ランニングも日課です。そして、夜になったら好きな音楽を聴いてゆっくり食事をとり、早く寝る。この繰り返しです。何と素晴らしい!
60代になった今、お手本にしたいのが帚木蓬生さんです。
帚木さんは福岡県中間市に住む精神科医師で小説家です。医師としての仕事も続けながら多くの小説を書くその仕事量(1年に1冊のペース)に驚かされますが、そのような生き方をすることで心を充実させているのです。
帚木さんの考えの基盤になっているのが森田正馬です。
森田は明治7年生まれの精神科医、医学者です。森田は神経症の治療と研究を一生涯続けました。その治療法は普通人のメンタルヘルスにも活用できるものです。
その一つの例が、不安や心配事を解消させるために安静にするのではなく、逆に多くの活動をこなすことと消し去ってしまうという方法です。
これに共感したのは自分もそういう経験があるからです。30代の頃に心配事で心が不安定になったときがありました。そのときに、自分からたくさんの仕事を引きうけて作業に気持ちを集中させることで心配が消えていったのです。それ以来、仕事に対する考えが変わりました。それだけでなく、日々の様々な出来事を前向きにとらえることができるようになりました。この本を読んで、その心の動きが分かりました。

悩みや心配は、5分以上頭の中でひねくりまわしてはいけません。5分たったら、身体を動かし、何でもいいですから、手を出すのが一番です。
身を忙しくしていると、脳はもう悩みません。忙しくしている目前の事柄に注意を向けなければならないので、脳は忙しくなり、悩んでおられなくなります。
忙しくしているうちに、心配の種は自然に尽きるか、良い方向に向いているはずです。仕方ない、いつか良い方向に向かうと信じて、生きていくしかありません。

f:id:shinichi-matsufuji:20210322180533j:plain