退職教員の実践アウトプット生活

教育、読書、映画、音楽の日々雑感

「『正しい戦争』は本当にあるのか」 藤原帰一著 講談社+α新書

7月の参議院議員選挙を前にして、日本の進むべき方向についての議論を聞くことが多くなりました。ロシアのウクライナ侵攻の影響で、「日本も軍備を増強すべきだ」という意見が多くなっています。「ウクライナは核を手放したから侵略されたので、日本も核を持つべきだ」という人も出てきました。私の知人も「日本も核兵器がないと侵略される」と話していたので驚きました。日本の軍備をどのように考えたらいいのでしょうか。私は国際政治学の専門家である藤原帰一さんの本を読みました。藤原さんは東京大学大学院で政治学を教えていた先生です。

まずは、「日本は核を持つべきか」という問題です。核兵器を持っていれば、それが抑止力となって攻撃されないのでしょうか。核の抑止力は、双方の国が「核は使うべきでない」の考えがある場合には効果があります。しかし、一方の国が「核の使用はためらわない」場合は抑止力にはなりません。「相手も核を持っているから使用はやめよう」とは思わないからです。

現実は変わってきています。核は使えない兵器ではなく、限定的な使用ができるようになってきました。小型の核兵器は実際に使われる可能性があるのです。

日本が核を持つことによる外交的なマイナス面もあります。日本の憲法9条や平和主義は実は外国ではそれほど知られてはいません。一方、第2次大戦での侵略はよく知られています。そういう状況で日本が核武装となれば、他の国の人々がどう思うのか簡単に想像できます。

近頃の国内の論議では、「平和を唱えるだけでは解決しない。軍備増強が必要だ」という意見があります。これは「100か0か」という意図的な単純化です。軍備増強のための悪意ある単純化だと思います。答えはその中間にあるでしょう。国際政治の現実として戦争は存在します。祈るだけで平和は実現しません。日本には軍備が必要です。しかし、その内容については慎重な検討が必要です。適正な軍備を備えつつ、あくまでも中心は外交。藤原さんのこの本が多くの人に読まれることを願っています。

 

国際政治の選択というと、どうしても平和を祈ることと軍隊を派遣することの両極端にいきがちになる。でもそのどちらも、実は状況を見ていない。いま必要なのは、現在の紛争や将来の紛争を招きかねない緊張のひとつひとつについて、できる限り犠牲の少ない対策を作り、その実現のために努力することでしょう。(本書244ページより)

 

映画「トップガン マーベリック」

先週は友人たちとの食事会。

アメリカの勤務から戻った友人とも久しぶりの再会です。

もう60代後半になる先輩も理科専科でフルタイム勤務しています。

「まだまだ70まではがんばってみる」と元気いっぱいでした。

さて今日は映画の紹介です。

 

映画「トップガン マーベリック」

 

レインマン」「ミッション・インポッシブル」「ラストサムライ」「宇宙戦争」。トム・クルーズのファンというわけではないのだけれど、数えてみるとずいぶん多く彼の映画を観ていることに驚きました。

出演作品もエンターテイメントからアート系まで実に幅広い。着実に自分のキャリアを重ねていますね。そして、今回は「トップガン・マーベリック」。ヒット作の何と35年ぶりの続編です。

昔は優秀だった海軍航空隊パイロットが、エリートパイロット養成所の教官となります。始めはうまくいかないのですが最後はいい所を見せる。とにかく次から次にほとんど不可能と思える困難が降りかかるのですが…。考えるまでもなく「ありえない」のに、そこは映画のマジック。思い通りにならない毎日、「こんな映画を観たかった」と思う人は多いはず。アメリカでも日本でも大ヒットです。

この映画は私のような老人にも楽しめるように作られているとこころが成功の秘密だと思いました。もう若くないトム・クルーズが若者たちを相手にきっちりと自分の役目を果たすところがグッときます。戦闘機、バイク、スポーツカーはやはり魅力的なのです。美しく年を重ねた男と女。これは、むかし若者だった人たちのためのおとぎ話でした。

 

大阪の博物館に行ったら村上春樹を思い出したこと

「俺は黙って古墳を眺め、水面を渡る風に耳を澄ませた。その時に俺が感じた気持ちはね、とても言葉じゃ言えない。いや、気持ちなんてものじゃないね。まるですっぽりと包みこまれちまうような感覚さ。つまりね、蝉や蛙や蜘蛛や風、みんなが一体になって宇宙を流れていくんだ。」(「風の歌を聴け村上春樹 より)

 

大阪の中心部から電車とバスを乗り継いで約1時間、閑静な住宅街を抜けるとなだらかな丘に広がる緑地が現れます。

森の入り口には案内板があり、この一帯にあるおよそ100の古墳の場所が記されていました。

道を歩いていると、大小様々な古墳が訪問者を迎えます。

博物館は予想通り休日なのに人の姿はまばらでした。

学校の見学で来る小学生以外でここに行きたいと思う人は多くないですよね。

展示されている生活道具、装飾品からは1500年前に生きた人たちの声が聞こえてきます。

じっと見ていると1500年という時間は意外と短いのかもしれないと感じます。

全ての展示を見終わったら屋上に出ました。

建物の屋上全体が階段状で上部には長方形のモニュメントがそびえています。

2001年宇宙の旅」のモノリスのように。

建築家安藤忠雄が自らの代表作と公言しているのがこの「大阪府立近つ飛鳥博物館」。

風の歌を聴け」で主人公の親友「鼠」が古墳について語る場面があります。

鼠は古墳の前で不思議な感覚にとらわれます。

時間は永遠であり一瞬でもある。

人生には大きな意味があり無意味でもある。

しかし自分は書こうと思う。

それが何か意味のあることだと信じて。

これは作家村上春樹のスタートの決意だと思いませんか。

 

「文章を書くたびにね、俺はその夏の午後と木の生い繁った古墳を思い出すんだ。そしてこう思う。蝉や蛙や蜘蛛や、そして夏草や風のために何かが書けたらどんなに素敵だろうってね。」(「風の歌を聴け村上春樹 より)

帰りに地下鉄の駅を降りて歩いていると、前を行く若い女性が友だちに声をかけていました。

「ちょっとトイレにいってきマンボウ

大阪に来てよかった。

「なぜ、世界のエリートはどんなに忙しくても美術館に行くのか?」岡崎大輔著

先日、新聞で元福岡市こども総合センター所長の藤林さんのインタビューを読みました。

「サッカーでいうと、児相はゴールキーパー。本当はみんなで守っているはずなのに、失点すると、『何してるんや』と言われ続ける」

子どもの虐待死の事件では、いつも児相の対応が問題視されますが、同じチームにいながらキーパーを責めているようなものですね。

 

「なぜ、世界のエリートはどんなに忙しくても美術館に行くのか?」岡崎大輔著

 

この本では、以下のような「アート作品を鑑賞するときの8つの視点」が紹介されています。

初級編 ①直観を言葉にする。(頭に浮かんだことを口に出してみる)

    ②区切って見る(対比する。焦点を合わせる場所を変えてみる)

    ③要素を組み合わせる(取り出した要素同士を掛け合わせて考える) 

中級編 ①「立場」を変えてみる(自分以外の人に視点を移す) 

    ②連想する(「思い起こされること」を言葉にする)

    ③抽象化する(具体的な要素から、想像を発展させる)

上級編 ①喩える(置き換える 作品に意味づけしていく)

    ②「自分のモノの見方」を疑う(「自分の考え」を自分自身で問い直す)

 

これらは小学校の図工の鑑賞で使えそうです。

すでに授業で使っている先生もいることでしょう。

「『立場』を変えてみる」など、よい発問になるだろうと思いました。

男の子は女の子の視点で考えさせたり、「外国の人だったらどう見るだろう?」と問いかけたりできます。

などなど考え始めると、国語の「読むこと」にも適用できるし、社会科や道徳など様々な可能性が浮かんできました。

子どもたちに「友だちと感想を交流するのが面白かった」「考えることは楽しい」などの反応が生まれることも期待できます。

美術館は大好きなので、次回からこれらを頭に置いて鑑賞することにします。

鑑賞後の同行者との感想交流も今までとは違うものになりそうです。

 

 

 

「撤退論 歴史のパラダイム転換にむけて」内田樹編 晶文社

福岡アジア美術館のカフェに行きました。

ここが気に入っている一番の理由は人が少ないということです。

8つのテーブル席がありますが、今日もほとんど貸し切り状態でした。

BGMの不思議なアジア音楽も素敵です。

ここで美術に関する本を読んだり、それをノートにメモしたりして過ごしました。

 

「撤退論 歴史のパラダイム転換にむけて」内田樹編 晶文社

 

ロシアのウクライナ侵攻は日本にも影響を与えています。賃金は増えないまま物価は上昇しています。コロナが経済に大きな打撃を与えているところに、危機が重なっています。新しい感染症は今後もっと短い周期で出現すると言われています。気候変動が原因の災害も増え続けます。これまで20年の日本の経済政策が失敗だったことは明らかです。先進主要国で賃金が増えていないのは日本だけです。これから日本はどうなっていくのでしょう。

この危機的状況にもかかわらず日本は昭和の高度成長期のマインドで進むことを止めようとしません。経済成長こそ善の妄信。

手段の目的化も起きています。幸せになるためにお金を稼ぎ、技術を進歩させていたのに、「お金」と「技術」そのものが目的になっています。よく考えれば間違っているのに気づく人は少ない。

しかし、人々はこの便利な生活を変えることはできそうもありません。今の価値観を根本的に変えようとしません。この道の先には崖があるのに、それを知らせる人の声をだれも聞こうとしてません。

この本では、現状のプランAに対するプランBの提案があります。撤退戦に必要な「プランB」の概念的な目的は「勝ちを増やす」ではなく、「負けを減らす」です。個々の組織・個人レベルの目的は「利潤率と株主配当の最大化」ではなく、「将来生き残る社会資本資本産業における安定した雇用創出」と「実質賃金の向上」を最大化することです。どうですか?すぐに実行すべき提案だと思います。

現在の状況は、第2次世界の日本と米国との戦いのようです。負け戦が続いても、政府と国民は認めようとしません。最後は必ず勝つと信じていた日本。また同じ轍を踏むのでしょうか?今は被害を最小限に食い止めるときです。すぐに「撤退」を始めるときだと思います。

 

映画「アメリカン・ユートピア」(スパイク・リー監督 2020年)

先週、訪問した学校ではプール掃除が行われていました。

コロナの影響で2年間、水泳指導がなかったので、汚れがひどくて大変です。

さて、今日は映画の紹介です。

 

映画「アメリカン・ユートピア」(スパイク・リー監督 2020年)

 

トーキング・ヘッズのアルバム「リメイン・イン・ライト」(1980年)を初めて聴いたときの衝撃は今も忘れられません。

パンク、ニューウェーブの嵐が収まった頃に突如現れたのは、電子音とアフリカン・ビートが混じり合った強烈で魅力的な音楽でした。

これはそのトーキング・ヘッズデヴィッド・バーンが創造した総合的藝術パフォーマンスを記録した映画です。

音楽とダンスと演劇を組み合わせた新しい形のエンターテイメント。

ロック・ミュージックを取り入れたミュージカルは今までにもありましたが、これは全くアプローチが異なります。

こんな形式のコンサートは見たことがない!

今後、この映画に影響を受けた表現が続々と登場する予感がします。

人種、ジェンダーなどの多様性を尊重するメッセージが、音楽とダンスにのって観客の心に届きます。

映画の中のブロードウェイの客席は、80年代からのファンとみられるシニア世代が多いようでしたが、映画館には若い人も多かったです。

デヴィッド・バーンは70歳、彼はシンガーでダンスのプロではありません。

その不思議なダンスを見ながら「これはユニバーサルデザインのダンスだ」と膝を打ちました。子どもから老人まで演じてうれしい、見て楽しいダンス。

私には運動会の「表現」でこのダンスが演じられている様子が浮かんできました。

新しい表現運動を求めている小学校の先生方、チャレンジしてみませんか?



 

 

「人生百年の教養」 亀山郁夫著 講談社現代新書

昨日は大濠公園のカフェで妻とブランチ。漕ぎ手男性の不慣れから迷走するボートにツッコミを入れながら、おいしいコーヒーをいただきました。今日は母の日。89歳になる母と過ごす予定です。

 

「人生百年の教養」亀山郁夫著 講談社現代新書

 

著者はロシア文学者、名古屋外国語大学の学長。

私と亀山さんの本との出会いは、「チャイコフスキーがなぜか好き 熱狂とノスタルジーのロシア音楽」(2012年)です。

この本のおかげでロシア音楽の歴史と全体像を興味深く学ぶことができました。

昨年はNHKテレビ「100分で名著」「カラマーゾフの兄弟」(ドストエフスキー)の解説を担当されていました。

亀山さんがこれまでどんな本を読み、どんな音楽を聴いてきたのか知りたかったこともこの本を手に取った理由です。

 

亀山さんは友人に勧められて映画「ボヘミアンラプソディー」を観ます。映画を観た後にふと思いついて「フレディ・マーキュリードストエフスキー」を英語で検索してみると、その共通点についての考察を発見します。

創造的思考をするためのヒントがここにあります。モンタージュ的思考です。

実は私も同じような考えを巡らせた経験があります。

私は「ごんぎつね」と「フレディ・マーキュリー」が似ているという仮説を立てました。フレディの功績に気づくのが遅れた私は「フレディ、おまいだったのか、くりやまつたけをくれたのは」を「つぶやき」(ツイッター)ました。それはすぐに1万を超える人たちに広がりました。

私が試みたのは、異なる分野の2つの事柄をつないでみることでした。

おこがましいのですが、亀山先生の思考スタイルとの共通点にうれしくなりました。

検索エンジンでの複数の語をぶつけ合って生まれる『知』」。

この本は亀山版「学問のすすめ」と言えるのかもしれません。

今日のおすすめ音楽「Opening Night」Weezer (クラシックの影響を受けた美しいメロディのロックです)